ISO 取得 タイ | ISO 認証 タイ | ISO Certification Thailand | TQA Limited | TQA
 
ISO Certification Thailand
サービス
ISO規格別
ISO9001
ISO14001
OHSAS18001
ISO/TS16949
   認証取得までの流れ
  お見積もり
  他機関からの登録切り替え
  JQAで登録しているお客さまへ
  お問い合わせ

JQAは豊富な審査経験を生かし
労働災害リスクの低減につながる審査を通じて
組織の従業員満足と社会的な信頼を高めます。


OHSAS18001概要 認証取得までの流れ


OHSAS18001は責任ある組織が労働安全衛生に対する自らの姿勢を従業員と社会に示すうえで有効なマネジメントシステム規格です。

近年、労働安全衛生に対する管理を法律以上の基準に強化する組織が増加しています。自主的に労働安全衛生に取り組む姿勢は、従業員と社会からの信頼を高め、そして組織の価値向上へとつながります。

労働安全衛生マネジメントシステム規格OHSAS18001は、従業員やその利害関係者の業務上の労働安全と衛生に関するリスクを適切に分析・管理し、労働安全衛生マネジメントシステムを継続的に改善することで、労働災害発生の可能性やそれに伴う経営リスクを低減するための国際的な規格です。OHSAS18001の仕組みを導入することは、労働災害リスクの低減による、従業員の満足度やモチベーションの向上、良好な職場環境づくりを可能にし、健全な組織経営の実現と組織の社会的信頼の獲得につながります。

現在OHSAS18001はISO化されていませんが、国際的に広く採用されています。


JQAは多くのOHSAS18001審査で培った審査ノウハウを生かし、労働災害リスク要因への“気づき”を促す審査を行います。

JQAは我が国の第三者認証機関として最も多くのOHSAS18001の審査登録実績を有し、豊富な審査員を擁しています。JQAは幅広い業種・業態の現場審査を通じて多種多様なリスク要因を分析し、OHSAS18001審査のノウハウを培ってきました。

今まで労働災害が起きていないという理由で、リスク要因から目をそらし危険な作業を行ってしまう“慣れ”は、時として大きな労働災害を引き起こします。JQAは第三者認証機関の専門的かつ客観的な立場から、事業所や現場で働く人たちが“慣れ”で見逃しがちなリスク要因を、組織自身で見つけ出すことにつながる“気づき”を促す審査を行います。

JQAは組織の事業所や現場において安全のプロが減少する傾向にある中、OHSAS18001の認証取得を従業員の安全性確保と生産性向上、さらには組織の社会的な信頼の獲得につなげていただきたいと考えています。


JQAのOHSAS18001審査では、組織や社会のニーズを考慮したうえで、特に以下の点を重視しています。

(1) リスク評価

業種特性に配慮した柔軟な審査を行い、組織特性に適応したリスク評価がされているかを審査します。

組織のリスク管理の方針に基づき、労働安全衛生リスクの低減が図られているか、新たなリスク要因、例えば、ヒヤリハットのような“危険の芽”を組織自らが見出す仕組みが構築されているかどうかに注目します。

(2) PDCAサイクル

真に組織の目的を果たす仕組みとして、PDCAサイクルが機能し、構築された労働安全衛生マネジメントシステムが継続的に改善されているかを審査します。

PDCAサイクルを有効に回して継続的な改善を行うなかで、組織が自律性を身につけているかを審査します。

(3) 現場審査

労働安全衛生管理が、日常の業務活動の中で持続的かつ継続的に行われているかを審査します。

事業所や現場で働く従業員が“慣れ”に潜むリスクを認識し、継続的改善に取り組んでいるかに注目します。


Copyright © 2008 JQA ASIA (Thailand) Co.,Ltd. All rights reserved.